銀行の借り換えローンで借金の返済を一本化したいが審査に落ちた

cashing08
銀行のカードローン商品は、消費者金融に比べると
審査基準が厳しい傾向があることが知られています。

しかしその分非常に金利が低く、
利用を希望する方は少なくありません。

とはいえ、銀行のカードローンに申し込みをしたところで、
審査に通過することができなければ銀行から
お金を借りることは出来ないのです。

これは借金の一本化に利用できる借り換えローンと
呼ばれる商品についても同じです。

銀行の借り換えローンを利用することができるのは、
銀行に対して借り換えローンの利用申し込みを行い、
無事に審査を通過できた人だけです。

しかし銀行の審査は、一般的な消費者金融と比較すると若干厳しくなっています。

厳密な審査基準は公開されていませんが、
消費者金融では可決されるような内容でも、
銀行の場合は否決されてしまうことも珍しくないのです。

複数の借金をひとまとめにする為に銀行の借り換えローンに申し込んだ場合、
申し込み者の基本的な情報に加え、他社からの借り入れ件数や借り入れ総額、
それにこれまでの金融商品の利用履歴などを参考に審査が行われます。

銀行の借り換えローンの審査に落ちてしまうということは、
これらのどこかに何らかの問題があったと考えられます。

借り換えローンの審査に通過できない理由として
多いのは、やはり他社からの借り入れ件数でしょう。

複数の借金を抱えていると言っても、
その件数は人それぞれです。

2社から借りている方もいれば、
5社から借りている方もいるかもしれません。

だからこそ借り換えローンの利用を希望するわけですが、
借り入れ件数が多すぎると審査で落とされてしまうことが
多いのが現実なのです。

銀行の借り換えローンの審査を通過する為には、
他社からの借り入れが3件以下であることが望ましい
と言われることが多いです。

もちろん状況次第では4件や5件の借り入れがあっても
審査に通過出来る場合はありますが、
可能性としては低くなります。

実際、借り換えローンの審査に落ちてしまう方の中には、
3件以上の借り入れがある方がたくさんいます。

少しでも審査通過の可能性を高くする為には、
まずは他社からの借り入れ件数
3件以下に減らしておくことが重要です。

また、借り入れ総額もとても重要な要素になっています。

たとえ他社からの借り入れ件数が少なくても、借り入れ総額が大きいと
借り換えローンの審査を通過するのは難しくなってしまいます。

借り入れ総額が大きい方も、先ずは少しでも借り入れ総額を減らしてから
銀行の借り換えローンに申し込んだ方が良いでしょう。

どうしても借り入れ件数や総額が減らせない場合は、銀行よりも
審査基準が甘いとされている消費者金融

利用するという方法もあります。

消費者金融にもおまとめローンと呼ばれる
借り換えローン商品があり借金の一本化に役立っています。

消費者金融は銀行より審査基準が甘い傾向が強いので、
銀行で審査に通過できなかった方でも、
スムーズに借り換えができる可能性は高いと言えます。

超・絶対おすすめランキング!

1位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

2位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

3位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト


コラム記事一覧
12


記事保管所

借金を返済したくて一本化した200万!まずは計画的に返して生活する!

cashing06

借金の利息を減らす、借金の返済一本化について。

借金がいくつもある場合、まず借金が今いくらあるのか
ということが、分からないことも多いといわれています。

また、借金が複数の金融機関にある場合は、
引き落とし機関もまちまちとなります。

ですので、ごちゃごちゃになってしまうということも少なくありません。

また、利息の面でも損をしてしまっていることもあります。

そこで、借金の返済一本化をすることをお勧めします。

早く借金の返済を一本化することによって、
借金の利息を減らすことができるというメリットがあります。

全ての借金を一つにまとめることになりますので、
月々の引き落とし日なども一緒になりますし、
とても分かりやすくなるというのもメリットです。

また、借金の返済が一本化されることにより、
今借金がいくら残っているのか、ということなどが分かりますので
返済がスムーズになるというメリットもあります。

借金の返済の一本化ですが、おまとめローンと言う商品で
一本化することをおすすめします。

こうしたスムーズな借金返済で生活を楽にするための
裏ワザ的なおまとめローン。

すべての銀行で取り扱っているというわけではなく、
地方銀行などで取り扱っているということが多いです。

おまとめローンが借金の返済の近道になっていますので、
一度相談をしてみることをお勧めします。

しかし、借金の返済の一本化ですが、
確実に利息が減るわけではない、ということもあります。

場合によっては審査が通らない場合もあることも
頭に入れておく必要があります。

借金の悩みは借金を借り換えて返済を一本化するか借金整理しかない?

cashing09
金融業者でカードローン審査に通れば条件設定のもとで借金が可能ですが、
借りたお金を返す事は当然です。

返済遅れは、延滞金を請求される等の罰金だけではなく、
信用情報にも傷がついてしまいますから注意が必要です。

借金を完済させる事は当然としても、
それでもキャッシングを利用していると、知らない間に
複数社からの借り入れを増やしてしまうという事はありえます。

現金をいつでも工面出来るというのは便利なものであり、
自分がいくら使っているかを把握しにくくもなりますから、
気が付けば多くの借金をしていたという例は多いです。

そうした複数社からのキャッシングを行っている多重債務者になると、
将来的に自己破産等のリスクがあります。

また、返済時に利息負担だけでも厳しくて、
元本が減らずに悩んでしまう方も居ます。

こうした借金の悩みには、
借金の返済を一本化させる事は効果的です。

破産して借金整理をする選択肢をとる前に、
一度一本化を検討してみるのも良いでしょう。

複数社からの借り入れを一社にまとめる事によって何が有利かと言うと、
これは借金額が減るというわけではありません。

金利を下げて利息負担総額を減らすというメリットが発生する事や、
複数社への返済事務手続きが一社だけで済む事による
返済時の労力を軽減する事にも繋がります。

利息負担を減らす事によって元本を減らしやすくなり、
借金を完済させる事が出来る可能性が広がります。

一本化は、銀行や消費者金融で利用出来るサービスであり、
一社にまとめる事によって一社への借り入れが大きくなります。

消費者金融のように総量規制で年収の3分の1以上の借り入れが出来ない業者でも、
これは総量規制対象外のサービスとして利用出来るようになっています。

おまとめローンのような返済専門のサービスは例外的に活用出来るのです。

銀行では総量規制は関係無いですから、
低金利の好条件おまとめローンが利用出来ます。

どこの業者を選択するかは、審査の通りやすさや状況によって変わりますから、
自分に合った業者を選択すると良いでしょう。

こういった一本化を行う時、借金を行う時に借金返済の為に
別の業者のカードを作るという癖があった方は、おまとめローンを別の業者で
さらに一本化するという手段が使えない事に注意する必要があります。

おまとめローンは大きな借り入れになりますから
完済させるまで他社借り入れが出来ない覚悟で使う必要があります。

完済計画を立てて確実に返済出来るように覚悟を決めて
利用する事が望ましいです。

借金の返済を一本化するには借金返済シュミレーションと借り入れの審査が必要

cashing10
借金問題の解決に特に効果的だと言われているのが借金の一本化です。

金利負担が減り、毎月の支払いも少なくなると宣伝されています。

しかし、借金の返済を一本化しようとして
失敗してしまうケースも実は存在します。

どうしてそのようなことが起きてしまうのでしょうか。

そして失敗を避ける方法はあるのでしょうか。

借金返済の一本化に失敗してしまうケースで典型的なのが
毎月の支払いが増えてしまうというパターンです。

実は借金の一本化は必ず毎月の返済額が
減るわけではありません。

状況によっては毎月の支払額が増えてしまうこともあるのです。

たしかに早く返済が済み、トータルで支払う金額は減るというメリットはありますが、
返済を続けられなければ意味がありません。

一本化によって毎月の返済が増えてしまった結果、
返済しきれなくなるケースも存在しています。

借金返済シュミレーション
入念な下調べをしましょう。

こういった失敗をしないためには、借金を一本化すればどうなるのか、
事前によく調べておくことが大切です。

幸いにも借り換えのための借金返済シュミレーションが
ネット上で簡単に利用できるのです。

これを使って一本化したあとにどのような変化があるのか
よく調べておきましょう。

シミュレーションは簡単で現在の残高や収入、
返済期間などを入力するだけです。

これによって毎月の返済額や返済に要する期間、
返済の総額を調べられます。

何かに登録をしたり、こちらの個人情報を入力する必要もないので
たいへん便利です。

おまとめ、借り換えにも審査があります。

シミュレーションも済み、
いざおまとめローンを利用すると決めても、
おまとめローンにはもちろん審査があります。

借金返済のためだからといって審査が極端に甘くなることはなく、
大金の融資になるのでそれなりに厳しく審査が行われます。

重要になるのは収入の金額、他社からの借入残高、
そして借入先の数です。

借金に対して収入が極端に少なかったり、
4社以上から借り入れがあったりすると審査に通ることは難しくなります。

審査があることから、あまりに追い込まれた状況でおまとめローンに申し込んでも、
審査で落とされてしまう可能性が高くなります。

おまとめローンの審査に確実に通るには、
まだ返済に余裕のあるうちから利用を検討していくべきです。

そうすればさらに返済が楽になり、安定した返済計画を立てることもできます。

おまとめローンは早めに
という言葉をよく覚えておいてください。

サラ金は金利が高いので低金利の所で借金の返済を一本化

cashing03
一昔前にはサラ金と呼ばれていた金融機関は、
現在では消費者金融と呼ばれるようになっています。

消費者金融という呼び名は、多くの方が耳にしたことが
あるのではないでしょうか。

サラ金よりも身近なイメージを伴う消費者金融ですが、
扱われている金融商品の内容は
基本的にサラ金と呼ばれていた頃と同じです。

消費者金融という呼び名がついて親しまれるようになったことで、
近年はサラ金を利用してお金を借りる方も非常に多くなっています。

最近のサラ金はインターネットから24時間いつでも融資の申し込みが
可能なうえ、審査の速度も非常に早くなっています。

その為、お金が必要な時にいつでも手軽に利用できるという
メリットがあるのです。

しかし、サラ金でお金を借りると返済時の負担が
少し大きくなってしまうデメリットもあります。

というのも、サラ金は銀行や信金などの
金融機関に比べると金利が若干高めなのです。

金利が高いと返済時に負担する利息も大きくなるので、
場合によっては、途中で返済が困難になってしまう可能性も
否定できません。

また、サラ金からの借り入れで注意しなくてはならないのが、
複数の会社から多額の借り入れを受けてしまうことです。

現在多数のサラ金が存在しており、
どこも手軽に融資が受けられるようになっています。

その結果、お金が足りなくなった際に、次々と
他のサラ金からお金を借りてしまうケースが少なくありません。

金利が高めなサラ金から複数の借り入れを受けてしまうと、
それだけで返済負担はとても大きなものになってしまいます。

サラ金からの借り入れ件数が増えて返済が苦しい状態になっているなら、
金利が低い金融機関で
借金を一本化することをお勧めします。

たとえば、銀行のおまとめローンを利用すれば、
複数の借金をひとまとめにできるだけでなく、
今後の返済時に負担する利息も小さくすることが可能です。

銀行のおまとめローンは多数の金融機関の中でも
非常に低金利になっています。

返済の負担を軽減する為にはぜひ活用したい商品になっています。

サラ金と銀行では、それぞれの金融機関の
資本力や業務内容に違いがあります。

消費者への融資だけを行うサラ金と違い、預金業務も行う銀行では
低金利なおまとめローンの提供が可能になっています。

サラ金の中にもおまとめローン商品を扱う会社はありますが、
やはり比較すると金利は高めです。

複数の借金を一つにまとめて返済負担を軽くする為には、
低金利なおまとめローンの利用が最も効果的なのです。

銀行のおまとめローンを利用するには、
もちろん各銀行の審査を受ける必要があります。

借り入れ件数が多すぎる場合などは
審査の通過も簡単ではなくなってしまいます。

しかし、返済が困難な借金を将来的にきちんと返していくためには、
まずは銀行のおまとめローンの利用を検討してみましょう。

キャッシングの返済方法に困っていたが借金の返済を一本化して借金完済

cashing04

借金の返済に苦しんでいる人は、ひとつの会社に
大金を借りているというケースは少ないのです。

多くの場合で、複数の借入先があり、
それらの返済に追われているというパターンがほとんどです。

そんな借金の問題を解決する方法として挙げられるのが
借金の返済を一本化するということ。

借金を一本化すると、どうして返済が楽になるのでしょうか。

■なぜ借金の一本化が効果的なのか

一本化のメリットを説明する前提として、
借金の金利の性質を説明しなければなりません。

借金の金利は少なく借りるほど大きく、
大金を借りるほど小さくなるという性質があります。

複数から少しずつ借りるのと、一社からまとめて借りるのでは、
後者のほうが金利は低くなるのです。

そこで、一社から大金を借りて一度借金をすべて返済して
借り入れを一社にまとめるのが、
借金の返済を一本化するということです。

金利が低くなるので、返済が楽になるというわけです。

■心理的なメリット

借金の返済を一本化することには、
金利以外にもメリットがあります。

借入先がひとつになるので返済も毎月一回だけになります。

返済に手数料がかかる場合は一社のみのほうがお得ですし、
何より精神的な圧迫が違ってきます。

返済額が同じでも、複数へ返済しなければならないとなると、
一ヶ月間のあいだ常に借金に追われている感覚に陥ります。

借金がつらいのは、暮らしが厳しくなるというより、
借金のことを常に考えていなければならない。

そういった心理的圧迫感のほうが大きいのです。

毎月1回の返済に絞ることで、
メンタル的にもかなり楽になります。

■借金の返済を一本化にはおまとめローンを利用する

このようにいろいろなメリットがある借金の一本化ですが、
このニーズを受けていろいろな会社が
借金一本化向けのサービスを行っています。

おまとめローンはその代表的なもので、
借金の返済を一本化を目的とした融資です。

おまとめローンの特徴は総量規制の例外貸付であること。

通常ならば年収の3分の1までしか融資を行えないので、
借金の一本化を可能にする融資金額を確保することは難しいのです。

しかし、総量規制の例外とされることで、
十分な融資額を確保できるようになっています。

■おまとめローンによる返済

おまとめローンにはふたつの融資の形があります。

ひとつは口座にお金が振り込まれるので
それを自分で返済にあてるという方法。

そしてもうひとつは、おまとめローンを提供する会社が
直接返済をしてくれる方法もあります。

返済の手間が省ける上に
無駄遣いをしてしまう心配もないことから、
後者の返済方法が一般的によく使われます。

前者の方法でも返済はできますが、
そのときは返済をしたという証明書を発行してもらい、
おまとめローンの会社に提出することになります。

多重債務の借金返済のコツは返済を一本化すること

cashing05複数社にまたがって借金している場合、
期日までに完済する返済負担がより重圧になってしまう傾向にあります。

そんな多重債務の打開策として、
一番利用されているのが借金の一本化です。

特に消費者金融で3,4社に渡って借入している場合は、
高い水準の上限金利が仇となり、
借りている期間が長い分、返済額も膨れ上がってしまいます。

この多重債務を低金利の銀行のおまとめローンに一本化するごとで、
最高金利も14%前後までダウンして統一する事が可能になります。

ですから、今借入しているローンの金利設定より
低水準のローンに1本化すれば、完済できる道がグッと近くなる訳です。

また低金利の銀行ローンに纏める事ができれば、
月々の返済額も低価格に抑える事ができるので、
少なくとも今の苦しい生活を潤す事ができます。

そして多重債務があった頃みたいに
毎週返済に切羽詰まった辛い思いをする事が少なくなります。

決まった返済日も月1回になるので、
精神的にも大幅に楽になる事は間違いありません。

もし借金を1本化する時は、正式におまとめローンを契約する前に、
今の借金残高が幾らなのか明確にしておきます。

それに対して利息はどれ位掛かっているのか、
完済するまでの期間も把握しておく必要があります。

そのデータを元に、各銀行のおまとめローンの商品内容を比較検討する事で、
返済総額を一番縮小でき、且つ毎月マイペースに返済できる所が見つかるはずです。

銀行のおまとめローンの審査は、
通常のキャッシングローンの契約よりも
ハードルが高いと言われています。

これは多重債務が故の理由なので、仕方がない部分もあります。

しかし現在3社以内の借入件数に留まっているなら、
審査落ちする可能性は少ないです。

ただ、契約中のローンを延滞していたり、
遅延の履歴が近頃あった場合は審査に影響する可能性が大きいです。

この様な問題は、必ず解決してから審査に臨む事をお勧めします。

また、借金を1本に纏める先の業者の選び方ですが・・・

ある程度知名度のある金融機関、または実績の多い所で纏めるようにすると、
詐欺に遭う心配が先ずありません。

それに個人の返済能力に応じた適切な返済スケジュールも、
銀行の相談窓口や電話で提案して貰える事もできるので心強いです。

多重債務者で収入が以前よりガクンと減った・・・
今の家計を圧迫してしまっている・・・

返済能力を失ってどうしようもなくなる前に、
なるべく早期におまとめローンを、
前向きに検討するようにしましょう。

カードローン地獄で借金の返済を一本化したい!どこにまとめるといい?

cashing02
日本の景気の波は回復したといっても、
なかなか裾野までは広がってきません。

年収やボーナスなどもカットされる事はあっても、
なかなか増えていくものでもありません。

このような時代なので、借金を抱えている人も多くおられますが、
できるだけその費用負担も減らすことが大切です。

複数の債務を抱えていると、その利息だけで莫大な金額になります。

債務を早く整理するためにも、
借金の一本化なども必要になってくるのです。

今まではこのような債務地獄に落ちてしまったとしても、
救済するような措置もありませんでした。

そのような金融商品もありませんでした。

ところが、最近では、この負債を一本化してくれる
おまとめローンという金融商品も出てきました。

複数の金融業者に借り入れをしているうちに借入計画が
よくわからなくなってくる場合もあります。

この際おまとめローンに切り替えれば、
どれくらい毎月費用負担があるのかも明確にすることができるのです。

このおまとめローンの特徴は金利は15%~18%までくらいと幅があり、
さらに融資金額も300万円前後とその金融業者によっても
金利や融資金額には差があります。

しかし、今まで複数の金融業者で高い利息を払っていた人には、
このおまとめローンは一般的な銀行の低金利な商品もあるために、
借り換えさえすれば、今までよりずっと金利を支払わずに済むのです。

つまり、おのずと毎月の負担も軽くなっていくのです。

おまとめローンで毎月の費用負担を最大限に減らしていくには、
やはり銀行系のおまとめローンの金融商品がお勧めです。

おまとめローンを扱っている銀行は、住信SBIネット銀行 ネットローン、
三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、
イオン銀行カードローンBIG、東京スター銀行おまとめローン、等。

様々な銀行がおまとめローンの借り入れプランを取り扱っています。

やはり銀行系のおまとめローンは低金利ですので、
まずは銀行系の桜に借り換えてみるのもローンの費用負担をしていくに為には
検討してみると良いでしょう。

さらに、アコム、モビット、プロミスなどの消費者金融でも
おまとめローンの取り扱いを行っています。

融資を最短1時間でできる金融業者もありますし、
スピーディーに審査してもらえた方が時間の無い方には好都合です。

これらの消費者金融のおまとめローンについても、金利や商品の内容など
詳しく調べてみましょう。

その上で、より利息が安く、さらにサービスなどが充実している
金融会社でおまとめローンを利用した方がメリットは高いのです。

それぞれの金融会社によってもメリットやデメリットも変わりますので、
おまとめローンの内容をよく把握して、借り換えを行うことが大切です。